• Nakamura Mineo

総合診療医に相当する総合薬剤師とは



総合診療医と言うのを良く耳にしますが、どの様なドクターなのでしょうか?

医学が発達した現在では病気が細分化され、各科の専門医が診療に当たるケースが多いです。その為、心臓が悪い人は循環器の専門医に、肺が悪い人は呼吸器科の専門医に、胃が悪い人は消化器の専門医にかかるのが当たり前です。

 しかしそれでは、心臓と肺と胃が悪い人は、3つの診療科を回って3人の医師にかからなければなりません。そうなれば、時間もお金も沢山かかりますし、夫々の医師が別々の薬を処方すれば、多剤併用の薬害や副作用も出やすくなります。

 そもそも、胸が痛いからと言って心臓が悪いとは限りませんし、お腹が痛いからと胃や腸が悪いとも限りません。その原因を探す為に何軒も病院にかかり、見つかった時には手遅れと言う事も耳にします。


その為に、地域に根差した

*かかりつけ薬剤師

*かかりつけ薬局

*健康サポート薬局

と言うのを推進しております。

 ですが、総合診療医に相当する薬剤師とは何でしょうか?

薬剤師が関与する医薬品には大きく3つありまして

1) 調剤の医薬品(病院のくすり)

 2) 大衆薬(OTC医薬品とも言われ、テレビCMで良く見かける薬)

 3) 漢方薬

 夫々に薬剤師の専門があります。

  ですが、3つの分野とも経験と実績のある薬剤師はほぼ皆無の状況でした。


総合診療医に相当する総合薬剤師とは

調剤(病院の治療)、大衆薬(OTC)、漢方薬の3つの分野が詳しく経験と実績がポイントになります。

#総合診療医 #漢方薬 #札幌市 #認定薬剤師

0回の閲覧